進撃の漫画考察チャンネル

好きな漫画の考察などをしていきます

ハンターハンター 368話 感想あらすじ テータちゃんにピンチが訪れるのか?

f:id:nexttriger:20170727135039p:plain

スポンサードリンク

 

 前回、ついにクラピカの人差し指の能力

スチールドルフィンで盗んでいた能力を

オイト王妃が使用できるまでの流れがありました

その偵察用の小動物はゴキブリでしたが、

オイト王妃がついに動く感じでマラヤーム王子の部屋へ

というところで367話が終わりましたが

368話ではどうなっているのでしょう?

368話では

オイト王妃がゴキブリを使い

マラヤーム王子の念獣と兵士たちの数を確認する

クラピカとの打ち合わせで

確認する度にノートに記載するルールになっているようだ

その同行を部屋全体に円を張りめぐらせている

バビマイナも気づいている様子です

そして、次に

オイト王妃が向かったゴキブリは

モモゼ王子のもとへ

モモゼ王子は前までの同行で

どーもくんの念獣をもっており

今暇に答えた対象者を操る念獣を持っていますが

大分疲れていた様子で寝室へ

そして、警護たちもほぼ弟の王子のところにいるために

6人全員がその始末を考えているというヤバイ状況でしたが

オイト王妃がみた寝室では

モモゼ王子の上に既に男がのっていおり

危険な状態になったため

オイト王妃が取り乱します

駆けつけるクラピカですが、モモゼの状態の

ほうが大変なのですぐに救出するように

命令するオイト王妃

結果、モモゼは既に帰らぬ人になってしまいました

6人たちの警護らは寝室にはいっていないが

母親の王妃は許さないと盛んに怒っています

バビマイナがオイト王妃になぜ

あそこでモモゼ王子を助けようと叫んだのかと

聞いたところ

腹違いの子供を助けないのはおかしいという

回答に

何かを悟って警護をクラピカたちに任せようと

する流れに

円も解除したバビマイナは何をかんがえているのか?

続きます

スポンサードリンク

 

続き

今回のモモゼの件で、念能力によるものと

考えられることから各王子が

クラピカに念能力を習おうと派遣してきている様子

緋の目の時間も大分長くやっているために

寿命よりも体力がといいながら

倒れこむクラピカ

ビルが心配するという状態に

モモゼの警護する予定だったハンゾーだが

弟の警護にまわされての事件だけに

怒りをあらわにする

分身の能力によるものでモモゼをなきものにしたと

いうハンゾー

落ち着くようにとたしなめるビスケ

一方でツェリード二ヒの部屋では

テータと会話するツェリード二ヒ

クラピカによる念の指導が2週間で行えるということから

テータを疑うツェリード二ヒ

テータの話だとクラピカの能力によるものが大きい

のではないかと説得する

ツェリード二ヒは嘘をつく女がきらいだという

信頼していいのかという問いに

テータがはいと答えた時に背後には念獣が

そして血しぶきがまい次回へ

ということで

ゴキブリくんが活躍したことにより

モモゼがやられるところを目撃したオイト

王位継承よりも腹違いのこどもを助けるを選択したことが

バビマイナにとってどういう考えをもたらしたのか

円の解除と警護をクラピカに任せるようにします

ハンゾーは守れなかったことに責任を感じています

分身の能力ではないかという疑い

そして、ツェリード二ヒですが

テータとの修行中についに念獣が動きます

女に対して発動するのか

嘘をつくことが発動条件なのかわかりませんが

テータちゃんが心配です

次回もハラハラしますね

スポンサードリンク

 

 

進撃の巨人 タイバー家と レイス家がつながっている 理由

f:id:nexttriger:20170708165909p:plain

f:id:nexttriger:20170708165909p:plain

スポンサードリンク

 

 

以前にも
タイバー家黒幕説を
唱えていましたが
その根拠はまだ明確では
ありませんでした

中東連合軍のエルディア人に
対する売り女(バイタ)の末裔
発言より
エルディア人はマーレに
身売りをしたのがタイバー家
ではないかという考察です

ちなみに、マーレ国やマーレ国
エルディア人はパラディアエル
ディア人のことを悪魔の末裔
と呼んでいます

今回の考察は
タイバー家が黒幕であるのは
間違いないですが
レイス家とタイバー家は
現状つながっていて
お互いの立場を維持している
のではないかという考察
になります

その根拠がこちらになります

進撃の巨人 94話壁の中の少年にて

f:id:nexttriger:20170814111923p:plain

ライナーたちが
無事レベリオに帰還したのち
ライナー家族とガビ家族での
夕飯時でのカリナの言葉

ガビが戦士になれるかライナー
に聞いたときに

『一族から二人も戦士を授か
るなんて』

この言葉です

巨人を操れる戦士候補生に
なるにはマーレの訓練兵にな
りそこで才能を発揮して
選ばれることは原作では
わかっていますが
タイバー家のような必ず
巨人の力を受け継ぐ名家で
ないということがここでわかります

そして、ライナーはブラウン家になりますが

そこで気になるのは

進撃の巨人 66話です

スポンサードリンク

 

 

ブラウン

ヨロイブラウンを思い出してください

f:id:nexttriger:20170814112303p:plain


ロッド・レイスが所有していた
巨人の脊髄液の名前です

ヨロイブラウンと書かれていて
これを体内に取り込んだ
エレンは硬質化の能力を
手にしました

先ほどのカリナの話により
元々 鎧の巨人を引き継げる名家の家柄ではないことは明確であり
あの脊髄液はライナーブラウンから生成されたものであると
考えられます

96話の過去の回想においても始祖の巨人のフリッツ家が
偽物だったという段階までの話しかライナーたちはしていない
わけでレイス家が本当の王家だったことは認識していない

そして、アニメ3期からヒストリアを
中心とした話になるため
二期で終わった部分としては
ライナーたちはユミルを手土産に
マーレに帰っていることから
ロッドレイスが手に入れている
可能性としてはライナーたちが
初めてパラディ島にやってくる前
かライナー帰還後の短期間の
どちらかになります

ライナーが直接ロッドレイスに
渡すことはありえないですし、
96話の不戦の契りについて
ライナーの発言
『タイバー家の情報が正しかった
なら壁の王は不戦の契りと
やらに縛られている』
マーレ国のフリッツ王の情報元は
全てタイバー家発信になっている
ということがわかります

そして、ヨロイブラウンの脊髄液を
どうやっていつロッドレイスは
手に入れたのか?

こう考えると全てのソースになるの
はタイバー家につながる気がしま

つまり、レイス家とタイバー家は
どのようにしてかわかりませんが
連絡を取る手段があり
更に、マーレ側からの始祖奪還
ライナーが撤退、ヒストリアに
始祖の巨人を引き継がせる
という作戦をとったのでは
ないでしょうか?

あくまでも考察にすぎませんが
今後、このタイバー家の動きは
ますます目が離せませんね

 わかり次第また更新させていただきます

スポンサードリンク

 

 

進撃の巨人96話 Attack On Titan 96  あらすじ 感想 ライナーの待ってが。。。

スポンサードリンク

 

進撃の巨人95話では

ライナー、ベルトルト、アニ、マルセルが

楽園から始祖の巨人奪還のために出発しましたが、

ライナーがいろいろなつらい現実を背負いながら

旅だったのに、マルセルからも鎧の巨人に選ばれた理由は

マルセルの手引きによるものだったことが判明し

絶望のライナーでしたが、そのときにユミルの巨人に

マルセルが食べられるところで終わります

そして96話では,

マルセルが食べられてから必死になって走るライナーの

描写から始まります

必死に逃げるライナーは一気にある木までたどりつき

落ち着こうとします

そのあとにやってくる

ベルトルトとアニたち、

ライナーがいつもより早く走るために

ユミルの巨人が人間になった状態であれば回収することができたのに

慌ててしまい回収しそこなったことをアニに指摘されます

アニが全ての責任はライナーにあるので命で償えと

ライナーを蹴りながら説得しますが

ライナーはこのまま始祖奪還作戦を続行しようと

二人に働きかけます

全員が絶望していた中

ライナーが血まみれで復活します

そして、アニにスリーパーホールドで

マルセルの代わりをライナーがやると説得します

そして、納得した二人は作戦へ

スポンサードリンク

 

 アニが巨人化し、叫びながら巨人を引き連れて壁に向かいますが

アニは相当疲れています

もともと顎の巨人と交代で移動する距離をアニが一人でやっています

ウォールマリアが見えてきた瞬間に

ライナーと交代し

ベルトルトが壁を破壊します

描写ではエレンたちとベルトルトが目があう描写があります

見事壁を破壊したベルトルト

その間に無垢の巨人に襲われる

ライナーだが振り払おうとします

人間に戻ったベルトルトにおそってくる一体の巨人

カルラを食べたカルラ・イーターです

しかし、ベルトルトを襲わずそのまま壁内に入っていきます

ベルトルトを助けたライナーはアニとベルトルトを壁の上へ

置き、そのまま壁内へ

 

アニが目を覚ますと

そこはウォールローゼ内でした

ライナーは避難所でベルトルトとアニに思いをつげ抱き合う

そこのそばには避難してきた

エレン、ミカサ、アルミンが

 

その後開拓地にうつった三人の描写

南西の村人の生き残りの話を聞き情報収集

巨人がでてきた描写の話をきいたあと

その村人は首をつってしんでしまう

その後畑作業をしながら作戦をたてる

フリッツ王は偽物だとわかっている三人

影武者だと

どうやって王をさがすか

その方法は中央憲兵になるしかないと考えるライナー

二年たっても王は動かないことから

タイバー家のいったとおり

不戦の契りに縛られているだろうと予想する三人

壁を更に破壊して王がでてくるのを待とうと話する

三人

そして場面は代わり

104期の訓練兵団の入団式へ

そして、キースが質問します

なんのためにここにいると

ライナーは答えます

人類を救うためです

ということで次回につづく形になります

 

ライナーが変わっていく様子が全て描かれています

そして、カルラを食べた巨人が奇行種で思いのままに

グリシャのもとにむかっているのがわかります

そして、不戦の契りについてはやはりタイバー家が

情報を与えているもようですね

これからの描写はどうなるのかまたきになります

スポンサードリンク

 

 

ハンターハンター 367話 あらすじ 感想 同期

スポンサードリンク

 

 

f:id:nexttriger:20170727135039p:plain

366話のあらすじはこちら

worldtriger.hateblo.jp

チョウライとの交渉により、とりあえずは協力体制となった

ワブル王子率いるクラピカたちだが、それぞれの王子の思惑やその部下たちの配置

など交錯しまくる状態に

クラピカたちが、自室の部屋にもどってきたが、チョウライの兵士、

ベンジャミンの兵士、ドゥアズルの兵士など混沌とした中、強制エンペラータイムの

クラピカはどんどん寿命が縮んでいくという感じで話がすすんでいます

 

今回のお話では

ツベッパ王子の交渉役オマールがついにクラピカたちの部屋にやってきました

オマールは念能力についての情報を交渉材料として接触しています

クラピカは念能力の説明を

こちらに参加している兵士全員に聞いてもらうということで

了解を得ようと別室に向けようとしますが、

その間に王妃、ビルやシマノに探査用の小動物を探してもらおうと画策しますが

それを邪魔するバビマイナは王妃と王子に同席を願う

正論であるために反論できないクラピカはその条件を飲むが

部屋を指定して納得させる

クラピカは念についての説明を行い、ある程度納得してもらう

状態だったが、さらにバビマイナは付け加えて

念の会得について深く説明するように頼まれる

そうしている間に、クラピカがある小動物を見つける

それはゴキブリだった

ゴキブリに対して異常な反応をしたクラピカだったが

王妃がアシストとして早く取り押さえて逃がすように

伝える

ビルがそれを排除する際に、念を使って排除しようと

説明するクラピカ

ビルがその操作系の能力を使うフリをしながら

王妃がクラピカの能力を解放して、前回盗んだ能力を

ゴキブリに向けて上手に操る

兵士たちはその念能力に興味を示すも

バビマイナは警戒

ゴキブリを逃がしビルは違う部屋にいってしまい

そこから偵察としてゴキブリを使ってマーラヤム王子の部屋へ

向かうゴキブリ

バビマイナは念のかなりの使い手で円でゴキブリの逃がしているのも確認済みだった

クラピカもバビの力を警戒している

王妃は疲れを装い目を塞ぎながらマーラヤム王子の偵察を開始する

 

ついにクラピカの能力を使うときがきましたが

バビマイナかなr強そうです

クラピカもかなりのてだれだと気づいてますが

衝突はありえそうです

あとは小動物はゴキブリでした

王妃とゴキブリのミスマッチがいいですが

見つからないように頑張って偵察してほしいです

次回が楽しみです

 

スポンサードリンク

 

 

ハンターハンター カキン王子 念獣一覧まとめ

スポンサードリンク

 

 ハンターハンターも366話まで話が進み

カキン王子のそれぞれの性格や念獣の情報などが

大分集まってきました

カキン王子の王位争奪戦だけで

14人で争う話ですし

さらにいうと

これに幻影旅団

クラピカ一行

ハンター協会

ジン一行

さらに暗黒大陸の五大厄災などが絡むと

ものすごい人たちでごった返すので

現在の中で重要なカキン王子についてまとめてある

動画をみつけましたので

こちらを参照して頭にいれておきましょう!!

カキン王子一覧はこちらです

f:id:nexttriger:20170719175215p:plain

そして、それぞれの性格や念獣についてですが

スポンサードリンク

 

 

まとめた動画はこちらです

かなり長い動画になってますが

14人もいると大変です笑

さらにいうと

兄弟、母なども含めていろいろな関係性を見ていくと

週刊少年ジャンプで1話だけ見てもさっぱりついていけないのが

現状ですので参考にしてください

366話では幻影旅団の団長が最後に登場しますが

この表情もチェックです

worldtriger.hateblo.jp

 

どんどん面白くなってきているので

ぜひ冨樫先生頑張って欲しいです

ドラクエ発売しましたが

連載お願いします

スポンサードリンク

 

 

僕のヒーローアカデミア ネタバレ147話 トガッシュ トガちゃん大活躍すぎるwww

スポンサードリンク

 

 

f:id:nexttriger:20170728175424p:plain

僕のヒーローアカデミア

147話では前回までに八斎會に乗り込んだヒーローたちと

警察だが、オーバーホールは捕まらないようにアジトを変えようと逃げる

その際に忠実なオーバーホールの部下たちを放つも退けながら進む

そして、ヴィラン連合の出向組もついにテクたちにおそいかかる流れで

話は進みます

 

進むデクたちをミミックが壁で押しつぶそうとする

その際にサーがロックロックに声をかける

ロックロックはいやいやながらも

能力を使う

ロックロックの能力は

ロックロックが施錠したものは動きがロックされるということで

壁が迫ってくるのを止めたロックロック

能力の説明のあと狭い道を抜けるとまた肉の壁が迫ってくる

今度はデクが蹴りのスマッシュで

はねのける

なおも肉の壁が迫ってくる

イレイザーヘッドも能力を使いたいところだが

本体をみないと能力が発揮できないため

ジリ貧状態

八斎會本部長 ミミックこと入中の説明

ヒーローを追い詰めているようにみえて

ミミックも体力の限界にきていた

一瞬でもきをゆるめると壁がなくなってしまう

なんとか維持できているのは

クスリのおかげだったがどんどん効かなくなっている状態

道を閉じようとしていた入中だったが

逆に道を開き分断する方向に

それぞれ分断され状況を確認している瞬間

ロックロックの後ろからトガちゃんがナイフをもって

攻撃してくる

それに気づいたロックロックは

手で防ぐも

液体になったトガちゃんが後ろに回りこんで

ロックロックを倒す

f:id:nexttriger:20170728182026p:plain

スポンサードリンク

 

 デクと相澤

ロックロックのところへ

駆けつけるデクと相澤

デクがそこに向かうと倒れている

ロックロック

そしてすぐ近くにもロックロックが

倒れているロックロックを見た相澤は

刀傷があるのを見つける

そして倒れていないロックロックが

デクのもとへ

ロックロックがナイフで攻撃しようとしたところに

相澤が能力で個性を無効化すると生まれたての格好をした

トガちゃんが

デクに名前を呼ばれて興奮するトガちゃん

その隙に相澤が包帯を使いトガを拘束する

引っ張った勢いで

トガちゃんが体勢を整え

相澤に攻撃

そして、そのまま距離を置くトガちゃん

そうすると肉の壁が仕切りをして

トガちゃんとデクたちに距離をとらせる

協力体制にあることを察知した相澤

距離をおいた生まれたてのトガちゃんは出向してよかったと

興奮している

 

回想

将棋をしながら話す

オーバーホールとしがらぎ

計画の全貌をオーバーホールは提供しその見返りに

主力の仲間を出向させろということだった

しぶしぶ差し出したシガラキ

 

サーのところでは

乱波とトゥワイスがやってくる

戦いの幕がきって下ろされる

次回へ

ということで

連合軍のトガちゃんが大活躍の回でしたが

サーが一人で大丈夫なのか力をだせるのか

楽しみです

そしてロックロックは大丈夫なのか?

心配です

スポンサードリンク

 

 

画像引用元

http://jump-netabare.seesaa.net/article/450871912.html

約束のネバーランド 49話 あらすじ 感想 コニーの胸に刺さった花の意味が解明される

スポンサードリンク

 

 

f:id:nexttriger:20170728004448p:plain

ジャンプGIGA vol4 約束のネバーランドポスター付き

前回のお話はこちら

worldtriger.hateblo.jp

ということで、鬼であるソンジュたちの正体がわかり、そして

現状のエマたちが住む世界が鬼の住む世界だということがわかり

逆に人間の世界へ逃げ出せることができると希望を持つことができた

エマたち もちろん、ソンジュの話では簡単ではないが 更に本当の敵について

も描写されました

希望をもって森を抜けれるかどうかということで今回のお話となります

この世界の話を聞いてから3日後

鬼の縄張りを避けて進む一行たち

その間にソンジュとムジカから最低限生きる知恵と知識を

子供達は学ぶ

そして、森の抜けるところではどうしても一度外に出なくてはならない

ことからその偵察にソンジュが向かおうとするときに

エマが付き添いで一緒に向かうことに

 

偵察中にエマになぜ一緒に来たかったのかを問うソンジュ

生きる知識などの知恵は身につけたものの

実際に狩りを行ったことがないために

狩りをどうしても学びたいというエマ

それに同意したソンジュは

エマに狩りを教える

弓を使って鳥を射落とすエマ

鳥を捕まえる際にソンジュはエマに

ヴィダという吸血植物を渡す

それは以前にエマがみた

コニーの胸に刺さっていたものと同じだった

その花を胸に突き刺すことによって

神に捧げ物をする儀式らしく

神が受け取ると花が開く

それが完了したら肉を食べてもいいというしきたりとの説明

そして、花が開くことによって美味しくなるという話

生き抜くためにこれをしなければならないと覚悟を決めた

エマは鳥にその花を突き刺す

そして 祈りを捧げる 振り返るとエマはなんでもないと答える

戻ってきた二人をレイと子供達が出迎える

レイがエマに対して

まーたお前は一人でといって

頭をわしゃわしゃする

そして

頭に手を起き

美味いメシを作ろう

川をわたって明日も歩くぞと

いって次号へ

スポンサードリンク

 

 ソンジュとムジカたちから生きる最低限の知識を学んで

それぞれがレベルアップしたようですが

実際には経験がないのが不安だったエマがソンジュに

狩りを教えてもらうことになりましたね

実際に野生での生活だと弱肉強食の世界なので

自らでご飯を手に入れないといけない状態になります

それをエマは察して学ぼうとしたんですね

しかし、実際に狩りを行うと鬼の風習をみてしまった

エマがコニーの儀式を思い出してつらい気持ちになっていましたね

花を指す 神に捧げる 美味しくいただく

このれが鬼の風習なんですね

エマにはつらい場面でしたが、レイが成長したのか

エマを優しく迎えいれているのが印象的でした

次回は川でなにかあるんでしょうか??

気になります

スポンサードリンク