進撃の漫画考察チャンネル

好きな漫画の考察などをしていきます

ハンターハンター 365話 選択 あらすじ 感想

f:id:nexttriger:20170719175215p:plain

スポンサードリンク

 

 第一王子 ベンジャミンが放った刺客を

クラピカの人差し指の能力で奪い退けた瞬間にその様子を

知っていた王子三名から連絡が入る

連絡の相手はベンジャミン、チョウライ、ツベッパ

そして、外からはベンジャミンの放った次の護衛兵がやってくる

クラピカが優先すべき相手は誰なのか、選択肢を間違えると

その王子とは敵対する可能性がある

というところで前回 364話はおわってしまいましたが、選択ミスができない

クラピカは誰を交渉相手に選ぶのかが365話の話ですね

365話 選択

クラピカは考える

第一王子の刺客を倒したのにベンジャミンから連絡がくる理由

念獣についての情報がこの三名の王子は欲しがっている

チョウライ、ツベッパの情報もない状態なので

クラピカはベンジャミンの電話にでようと

侍女のシマノにベンジャミンにつないでくれと頼む

外にいる護衛兵については待ってもらい、ビルにいつでも戦闘に入れるように

念を押す

クラピカが電話にでると電話の相手先はチョウライだった

チョウライはベンジャミンより自分を選んでくれて光栄だと話す

その瞬間、クラピカはシマノに目をやり睨むが

シマノはそっぽを向いていた

スポンサードリンク

 

 チョウライは一番最初に自分を選んだ理由を聞いてきたが

クラピカはうまくやり過ごす

本題はやはり念の情報が欲しいというチョウライ

電話ではダメなので15分後にチョウライの元に来て欲しいという要望だった

クラピカは了承し、さらにオイトとワブル王子の同行をお願いし認めてもらう

電話を切ったあとにすぐにベンジャミンに連絡をつなぐよう命令するクラピカだが

ベンジャミンは既に電話を切っていた

諦めたクラピカは次にツベッパ王子と連絡をつなぐ

電話にでたのは王子直属のマオール少尉だった

マオールの条件は念獣の情報提示と休戦協定であった

マオール少尉はすぐにクラピカの元に伺いたい旨を話すが

時間をずらして欲しいと嘆願するクラピカ

マオールは王子にこの念獣の件の全件を任せられており

念獣の情報はクラピカ以外にも持っていると思っているため

休戦協定自体の破棄はマオール次第であるということを伝えてくる

緊張するクラピカであるが、第一王子の護衛兵が来ているために

第一王子の護衛兵を差し置いてマオールを迎えいれた場合にはそちら側にも

不利ができることを伝える

理解したマオールは一時間後に会うことを伝え電話を切る

電話を切った瞬間にクラピカが侍女のシマノに問いただそうとする

ベンジャミンではなくチョウライを繋いだ理由を

シマノは答える

生き残る術を考えた結果だったという、ベンジャミンは冷徹で

命乞いなど通じる相手でなく、今回の護衛兵がやられたことによる償いで

どのようにしてシを選ぶかの手段のみだと判断したシマノ

更にチョウライの性格も理解しており、部下ではなく直接電話にでるくらい寛容ではあるが後回しにされた場合には敵対心むき出しになる性格で

基本的には争いたくないがやむを得ない場合は英断するタイプだと説明するシマノ

チョウライを生きるためにクラピカに先につないだという

ツベッパは自ら電話にでることはないが、今の王政には反対しており、

上位の王子に政権を握られるのは阻止したいために参加しているとの考えで

王位を獲得したら下位の王子については恩赦で生き残れる可能性を残してくれる

可能性が高い

そして、電話を後回しにされても決して怒る性格ではないことも知っている

シマノが生き残るために優先順位を決めたことを告白した

クラピカはシマノの判断力を賞賛し、外にいるベンジャミンの兵をどうすべきか教えてもらい中に入れることの拒否はできないし、そうすれば拘束され王子たちが危険になると予想し、クラピカはそれを信頼し外に待たせている護衛兵と連絡をとる

またせた理由はチョウライのところに行く準備で遅れたということにし、ビルに

部屋を任せることに

クラピカは目をコンタクトで隠し、王子とともにチョウライのもとへ

クラピカは途中でツェード二ヒの部屋を確認する

チョウライの部屋についたクラピカたち

チョウライが2本のペットボトルをクラピカたちに渡す

チョウライとの情報交換

念獣の話と念獣が生まれた理由を話すクラピカ

これ以上を話すと他の王子の私設兵がいるため

今後の戦いに影響がでますが話してもいいかと

クラピカ

考え込むチョウライ

次回につづく

ということで

侍女のシマノの判断でベンジャミンを出し抜いてチョウライとコンタクトを

取ることができました

シマノの冷静な判断が今後どう動くか楽しみです

今回連絡をとってきた2人の王子がどちらも味方になりつつある戦局ですが

ベンジャミンの護衛兵がなかなかいい仕事しそうでビルが大丈夫かなあと

思います

チョウライ王子もクラピカから得る情報をあの場で確認するべきかは

宣戦布告になる可能性もあるので悩むところですね

どちらにしてもクラピカはまだエンペラータイムの状態なので

早く何かしら仕込んでしまわないとこのままアウトにもなりかねないので

いろんなところに注意しないといけない状態です

次回もハラハラしますね

スポンサードリンク

 

 参照元

http://chomanga.com/archives/51721807.html