進撃の漫画考察チャンネル

好きな漫画の考察などをしていきます

進撃の巨人96話 Attack On Titan 96  あらすじ 感想 ライナーの待ってが。。。

スポンサードリンク

 

進撃の巨人95話では

ライナー、ベルトルト、アニ、マルセルが

楽園から始祖の巨人奪還のために出発しましたが、

ライナーがいろいろなつらい現実を背負いながら

旅だったのに、マルセルからも鎧の巨人に選ばれた理由は

マルセルの手引きによるものだったことが判明し

絶望のライナーでしたが、そのときにユミルの巨人に

マルセルが食べられるところで終わります

そして96話では,

マルセルが食べられてから必死になって走るライナーの

描写から始まります

必死に逃げるライナーは一気にある木までたどりつき

落ち着こうとします

そのあとにやってくる

ベルトルトとアニたち、

ライナーがいつもより早く走るために

ユミルの巨人が人間になった状態であれば回収することができたのに

慌ててしまい回収しそこなったことをアニに指摘されます

アニが全ての責任はライナーにあるので命で償えと

ライナーを蹴りながら説得しますが

ライナーはこのまま始祖奪還作戦を続行しようと

二人に働きかけます

全員が絶望していた中

ライナーが血まみれで復活します

そして、アニにスリーパーホールドで

マルセルの代わりをライナーがやると説得します

そして、納得した二人は作戦へ

スポンサードリンク

 

 アニが巨人化し、叫びながら巨人を引き連れて壁に向かいますが

アニは相当疲れています

もともと顎の巨人と交代で移動する距離をアニが一人でやっています

ウォールマリアが見えてきた瞬間に

ライナーと交代し

ベルトルトが壁を破壊します

描写ではエレンたちとベルトルトが目があう描写があります

見事壁を破壊したベルトルト

その間に無垢の巨人に襲われる

ライナーだが振り払おうとします

人間に戻ったベルトルトにおそってくる一体の巨人

カルラを食べたカルラ・イーターです

しかし、ベルトルトを襲わずそのまま壁内に入っていきます

ベルトルトを助けたライナーはアニとベルトルトを壁の上へ

置き、そのまま壁内へ

 

アニが目を覚ますと

そこはウォールローゼ内でした

ライナーは避難所でベルトルトとアニに思いをつげ抱き合う

そこのそばには避難してきた

エレン、ミカサ、アルミンが

 

その後開拓地にうつった三人の描写

南西の村人の生き残りの話を聞き情報収集

巨人がでてきた描写の話をきいたあと

その村人は首をつってしんでしまう

その後畑作業をしながら作戦をたてる

フリッツ王は偽物だとわかっている三人

影武者だと

どうやって王をさがすか

その方法は中央憲兵になるしかないと考えるライナー

二年たっても王は動かないことから

タイバー家のいったとおり

不戦の契りに縛られているだろうと予想する三人

壁を更に破壊して王がでてくるのを待とうと話する

三人

そして場面は代わり

104期の訓練兵団の入団式へ

そして、キースが質問します

なんのためにここにいると

ライナーは答えます

人類を救うためです

ということで次回につづく形になります

 

ライナーが変わっていく様子が全て描かれています

そして、カルラを食べた巨人が奇行種で思いのままに

グリシャのもとにむかっているのがわかります

そして、不戦の契りについてはやはりタイバー家が

情報を与えているもようですね

これからの描写はどうなるのかまたきになります

スポンサードリンク